05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

宮川 靖の SEABASS INTERNETION

  // 

シーバスをこよなく愛する男、宮川靖のブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ハイブリッドスピンの使い方① 



はい、ようやく店頭に並んだハイブリッドスピンですが、
ここまで来れたのも、後押ししてくれたスタッフや製造関係者の方々、
そしてかつての戦友に、深く深く感謝致します。m(_ _)m
皆さんのご協力かなければ、出来なかった事です。
ありがとうございます!

まず、ハイブリッドスピンの特徴を簡単にご説明させて頂きます。
バラシが少ない
鉛のヘッドからワームのボディー内部を貫通するワイヤーに、
スイベル、そしてブレードが装着されています。
そうする事により、シーバスがバイトした時にこのボディーが曲がり、
より深いバイトが得られ、ガッチリ掛かります。
そして、ヘッド部にウェイトの重心が集中せずに分散しますので、
ヘッドシェイクによるカウンターウェイトが少ないのも、
バラシが少ない理由の一つです。

トラブルレス
スイベルがワームの本体に少し入った形ですので、可動範囲が少なく、
テールフックとの絡みが少なく、フルキャストや際のピッチングでも、
トラブルがほとんど無いので快適に使用出来ます。

飛距離
ハイブリッドスイマーとほぼ同じ程度の飛距離が出ます。
これは小さめで巻き抵抗の少ないブレード、
そして飛距離の出るヘッド形状、飛行姿勢が生み出します。
皆さん、フルキャストして下さい!

巻き抵抗の非常に小さいブレード
皆さん、最初にリトリーブして驚かれると思いますが、
標準装備に巻き抵抗が非常に小さいブレードを採用しました。
基本はキャストして任意のレンジまで沈め、スローリトリーブ
これで十分釣れます。
ブレードは最後の最後まで綿密に仕上げて来ましたが、
スタッフ陣、私自身も実釣テストで確信、
万票一致で現在のブレードを標準装備として装着しました。

理由は激戦区や食いが落ち着いて来たシーバスが、
スピンテールのただ巻きだけでは食わせきれないシーンが多くなった事です。
巻き抵抗の小さいブレード、ハイブリッドボディーの相乗効果で、
連続ジャークによるダート」、「ミドスト的な使い方でボディーロール」、
リフト&フォールでのレスポンス」、「ロッドを下げながらの
フリーフォールスピードが速く、非常にシーバスの反応が良い

のが理由の一部です。
つまり、アングラーの意図的な操作で、スピンテールでありながら、
食わせの為の様々なアクションが付加出来ると
言う点です。
(巻き抵抗の軽さゆえ、後ろに引っ張る力が弱いので、
足場の高い場所で表層を速く巻くと、ボディーが水流を受けすぎて、
横を向く事があります。基本的には沈めてスロー巻き、そしてプラス、
先に説明したメソッドで狙います。)

フックセッティング
そして少し質問等がありましたので、
ハイブリッドスピンを使用するにあたっての詳細等をご紹介させて頂きます。

まず、テールフックですが、パッケージに入った状態ではフリーになっています。
そのまま使うとボディーのワーム部に刺さりますので、最初から刺して使います。

hsp-09.jpg

ここでの注意点としては、刺す時に深く刺さずに、
キャストしても外れない程度に薄く浅く掛けると言う点です。
そうする事により、ヒットした後、フックを刺したワーム部の破損を最小限に防げます。
(裂けてしまった場合は、瞬間接着剤等でスイベルに付かないように注意して修理します。)

そして、追尾型のショートバイトが多い場合は、トレブルフック仕様がオススメですが、
ジャークやダートを多用する方は、ダブルフックがオススメです。
スラッグダートをする時に、圧倒的に糸絡みが減ります。

hsp-10.jpg

テールフックを装着する穴が二つありますが、
これはダブルフックを装着する為の穴です。

注意点はタックルボックスの中にしまう時には、
図1の様にフックを挟んだ状態から外して必ずフリーな状態でしまって下さい。
挟んだままだと、構造上ダブルフックのR部に負荷がかかり、
フックの折れなどの破損につながります。


他にもお伝えしたい事が沢山ありますが、
具体的な使い方等は、イベントなどがあれば
直接レクチャーさせて頂きます。

BROVISスペシャルDVDも制作予定ですので、
その中でも詳しくご紹介させて頂きます。





ブロビス  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://miyabura.blog75.fc2.com/tb.php/258-37e98492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。