06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

宮川 靖の SEABASS INTERNETION

  // 

シーバスをこよなく愛する男、宮川靖のブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ハイブリッドスイマーの巻きスピードとキモ 

ほんとに久しぶりのblog更新です(笑)
正直忘れてました(^^;;
それじゃダメなんですがね、わはは。





さて今回は、イベント等でもご質問がありました「ハイブリッドスイマーの巻きスピードと使い方」についてご説明します。
正直、名前は知っているが使った事が無い、釣った事が無いという方も沢山おられると思います。

ハイブリッドスイマーは巻きスピードで動きが「静から動」へ変化します。
コレが「最大のキモ」です。
良く「巻いても泳がない、動かない」と言われる方がおられますが、僕の動画やテレビをよーく見て下さい。…

「速巻き」でぐるぐる巻いています。

そうなんです。
基本巻きスピードは「速巻き」です。

次に動き…

ハイブリッドスイマーは、バイブレーションやシャッドテールの動きとは全く別物です。
テールがシャッドテールの形なので良く勘違いされますが、いわゆるジグヘッドのシャッドテールとは全く動きが違います。

デイゲームで釣行されたら少しだけ投げて、巻きスピードを上げながら目で泳ぎを確認してほしいのですが、ある一定のスピード以上から急激に「動き」がでます。

その動きは…
シャッドテールの様にテールがプルプル…違います。
テールのプルプルアクションがボディーに伝わりローリングアクション…
これも違います。

これらの動きは、テールが水流になびいてプルプル、テールの動きに合わせてボディーがローリングなどのアクションをしている、いわゆる「視覚的なアピール」で、アピールの強さとしては強くはありません。

では…

ハイブリッドスイマーはどうでしょう。

速巻きしてみて下さい。

ぐるぐる巻いて下さい。

動くスピードまで巻きスピードを速くしてみて下さい。

すると…
アイを支点にスイングしながらウォブリングします。
例えるなら「ワイドに泳ぐリップ付きのミノー」ですね、確認してみて下さい。

スローにリトリーブすると最初は動きませんが、ある一定のスピード以上から「動」に切り替わります。
何度も言いますが、コレが最大の「キモ」です。

つまり…

テールがなびいて動くアクションとは違い、ヘッドが水流を受けてリップの役割をして、なびくのではなく水流を攪拌して「泳ぐ」アクションです。

つまり…

勘のいいアングラーならもうおわかりですね。
そうなんです、ワーム素材でありながら「アピール力」がずば抜けています。

ハイブリッドスイマーがソフトベイト素材でありながら、激流エリアのシーバスや真鯛、広大なサーフ、回遊系の青物に非常に有効なのはその効果の実証です。

ソフトベイト素材でありながら、得意なピンの魚を食わせる性能だけでなく、広範囲に存在をアピールして集魚します。

しかも…

先に少し言いましたが、素材はソフトベイト。

フィッシュイーターがその強い波動でハイブリッドスイマーを見つけて接近して、食うかどうか迷う最後の判断。

目の前にソフトベイト素材。

そうなんです、迷わないんです。
ハイブリッドスイマーを見つけたフィッシュイーターは、全力で食いに来ます。





だから丸呑みが多いんです、このルアーは。



そして、最大のキモだと何度も言って来ましたが、「静から動」への動きの変化。
スーッと静かに存在を消して移動している泳いでいないものが急に泳いで逃げる。

慌てるんですよね、フィッシュイーターは…この「逃げるアクション」に。

そしてその逆、「動から静」への動きの変化。
ウォブリングしながら泳いでいるハイブリッドスイマーを見つけて追尾、急にスピードが落ち泳ぎをやめてスーッとスローに「静」のアクションに変化。
同じスピードで追尾していたフィッシュイーターとの距離も、スピードダウンにより詰まり、目の前にハイブリッドスイマーが近寄る。

食うんですよね。
これが食うタイミングなんです。

これを意図的に作ってやると…
面白い様に、食わせたいタイミングでバイトがある。

具体的に言いますと…
「速巻き10回転に0.5秒程度のストップ一回」
このストップが、動から静への食わせの間になります。

「ボトムでスロー巻きから、3〜5回転速巻き、再びスロー、速巻きを交互に」
静から動へ、逃げるベイトを演出します。

……………

ハイブリッドスイマーの使い手が皆同じ事を言います。

「自分で釣った感が強い」


私は、モノづくりにおいて、ほぼ100%実釣を通じてヒントやアイデアを得ています。
逆に実釣でないと本当のキモは理解出来ないと思っています。

ですので
使い方が少し難しいけど、「使いこなせれば強烈な武器になるモノ」を発売します。

それがBROVISの基本的な姿勢だと言えます。

使い方は出来るだけわかりやすく、メディア等で紹介したいと思っておりますが、時々こうやって詳しくお話しさせて頂きたいと思います。

次回は、ハイブリッドスイマーのステッピングについて解説したいと思います。




















テーマ: ルアーフィッシング

ジャンル: 趣味・実用

ブロビス  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://miyabura.blog75.fc2.com/tb.php/283-a81cb914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。